中性脂肪が高いから改善する

中性脂肪値が高いとLDLコレステロール値が増えて動脈硬化がすすむので中性脂肪の吸収を抑えるサプリを使いましょう。

中性脂肪が高いコレステロール低い

 

中性脂肪の値が高かったり、善玉コレステロールの値が低かったり。

 

それが悪いことだと知っていても、何も対策していない人が多いのは何故?

 

それは、放置することで、どんなに深刻な病気になるのか、深くは知らないからです。

 

 

このHPでは、「中性脂肪値が高い」「善玉コレステロールのが低い」のに、何の対策もしないで起こる問題と実際にする対策について紹介します。

 

 

中性脂肪値が高くてコレステロール値が低い問題とは

 

 

HDL(善玉)コレステロールが低く、LDL(悪玉)コレステロールが高いと何が問題なのでしょうか。

 

 

それは動脈硬化が加速するからです。

中性脂肪が多いとコレステロールが血管内で酸化加され動脈硬化がすすむ

 

動脈は酸素と栄養を全身に運ぶ血液が通る「柔らかな管」です。

 

中性脂肪値が高いと悪玉コレステロールが増え、血管内に入り込みます。

 

すると動脈は厚く硬くなり、血管は狭くなるので血液の圧力が強くなり高血圧となります。

 

 

血管に高い圧がかかったままだと、血管はますます硬くもろくなってしまいます。

 

そうして「動脈硬化」が更に進行するという悪循環にハマってしまうのです。

 

動脈硬化への対策をしないままだと、やがて血管が破れたり詰まったりする危険な状態に。

 

 

そうなってから病院に行っても遅すぎるでしょう?

 

 

対策するのは「中性脂肪値が高くて善玉コレステロール値が低い」と分かった日です。1日でも早くしないとまた放置することになるでしょう。

 

動脈硬化は相当悪くなるまで何の症状もなく、症状が出た時は深刻な状態になっています。

 

 

動脈硬化で起こる病気について

 

動脈硬化が原因で起こる病気が生活習慣病です。

 

生活習慣病なんて大した病気じゃないよと考えていたあなた。この記事を読めば考え方が変わります。

 

日本人の4人に1人が動脈硬化で心臓や脳の病気で亡くなっています。

 

 

深刻なのは死なずにすんだたくさんの人が、後遺症に苦しんで生きるということです。

 

もし、最初に対策をしていれば、殆どの人が避けられたはずです。

 

深刻な病気だと知らなかったのなら、今から対策をするなら生活習慣病の予防や改善ができるでしょう。。

 

 

生活習慣病はどのように深刻?

 

中性脂肪が高いコレステロール低いと動脈硬化が加速j

 

ある朝あなたが目覚めた時。

 

体の半身が動かず、起き上がれない状態になっていました。

 

今まで経験したことのない半身の麻痺が突然起こったのでパニックになったんです。

 

 

 

そして残りの人生を半身が不自由なままで生きるとしたら・・どれほど深刻なことでしょうか。

 

もう一生歩く事もままならないかも知れません。

 

言葉が思い出せず中の良かった家族とも殆ど会話ができないかもしれません。

 

 

 

あなたの人生は家族をも巻き込んで崩壊し、ものすごい努力をしても人生を立て直すことは難しいのです。

 

そうなってから後悔しても遅いでしょう?

 

それに比べれば、今のうちに動脈硬化の対策をする方が、比べ物にならないほど簡単なのです。

 

 

動脈硬化が原因で突然あなたに起こる病気

 

高血圧で10年ほど受診していた私が、検査で「動脈硬化」が原因で大動脈の彎曲が強くなってると指摘されました

 

夜間も血圧が高くて目が覚めたり、寝た気がしないことも増えてきていました

 

このままではマズイと真剣に考え、その時から対策を始めたんです。

 

 

そのまま何もしないで放置すると次のような病気になっていたかも知れません。

 

脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、乖離性大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症

 

あなたも対策を先延ばしにしないで、今からすぐにできる対策を実践しましょう。

 

 

 

中性脂肪値が高い状態とは

 

中性脂肪は摂りすぎることが問題なのであって、重要なエネルギー源でもあるので少ないと問題です。

 

 

摂り過ぎると、増えすぎた中性脂肪が動脈硬化を起こし、生活習慣病を引き起こしてしまいます。

 

 

中性脂肪値が高いと何がいけないのか?

 

中性脂肪値が高いとL悪玉コレステロールが多くなり善玉コレステロールが少なくなるので、動脈硬化を起こすからです。

 

余ったコレステロールは血管に入りこみ、活性酸素で酸化され動脈硬化を起こします。

 

体調は何も悪くないのに、動脈硬化が進行していく。痛くもかゆくもないので、動脈硬化を放置して取り返しがつかなくなる人がすごく多いんです。

 

 

中性脂肪値を減らし善玉コレステロールを増やす方法

 

そんな中性脂肪値を低くする対策で、自然に善玉コレステロールも増えてきます。

 

今すぐ中性脂肪を減らす対策を計画して行います。

 

 

その対策は、食事と運動です。

 

 

中性脂肪も炭水化物も摂りすぎると、余った糖分が脂肪として蓄えられるので注意してください。

 

食事のポイント

 

一番重要なのは食事対策です。

 

そのポイントを下にまとめました。

 

  • お腹が十分に減ってから食べる
  • 夕食から寝るまでの間を3時間空ける。
  • 中性脂肪は摂りすぎなくても多少は必要。
  • 糖質を摂りすぎない
  • 余分な糖質は脂肪として蓄えられるからです。 

  • 食物繊維をしっかり摂って中性脂肪をからめとる
  • DHA EPAには中性脂肪値を下げる効果があります
  • DHAやEPAの1日当たりの摂取目安量は1000mg

 

 

昔の日本人が良く食べていた青魚には、DHA、EPAがたくさん含まれています。

 

中性脂肪値を下げる効果があるので活用しましょう。

 

EPAとDHA。特にEPAには、小腸やリポタンパクから中性脂肪を吸収するのを抑制する働きがあるので、皮下脂肪、内蔵脂肪が増えるのを防いでくれます。

 

青魚に多く含まれるEPAとDHAは、抗酸化力の高い食材と一緒に摂るとより効果がたかくなります。

 

血管を丈夫にしたり、血液をサラサラにする効果もあるので、青魚だけ食べるのが難しければサプリメントの活用も検討しましょう。

 

運動療法のポイント

 

夕食前のお腹が減っている時、有酸素運動を30分行うことで脂肪が燃焼しやすくなります。

 

ウォーキングやストレッチなどのゆるやかな有酸素運動を生活の中に組み込み習慣化してください。

 

 

食事で工夫したいDHAとEPA

 

厚生労働省の推奨ではDHAとEPAは合わせて1,000mg/1日です。

 

DHAEPAを含む青魚

 

魚を余り食べなくなった日本人は、今では1日で500mgを摂ってるだけなので、あと500mg不足しています。

 

この500mgを魚で摂取するには、マグロの赤みの刺身なら5人前になります。

 

 

 

しかし、毎日刺身5人前を食べ続けるのは、経済的にも大変ですし飽きるでしょうね。

 

もし魚嫌いな人だったらまず無理なことです。

 

こういう時には高品質のサプリを摂るのが簡単ですし、経済的だと言えます。

 

 

サプリを選ぶための条件

 

口に入れるものは特に品質が大事ですね。

 

だから日本製であること。

 

信頼できる材料を使って信頼できる工場で製造している、そんなサプリを選んでください。

 

 

中性脂肪が高いコレステロール低い

 

私は、中性脂肪が230くらいまで減ったんです。

 

それからは、減ったと思えばまた増えたりとなかなか思うように減らない時期があってDHA・EPAのサプリを利用しました。

 

私がDHAとEPAのサプリを選んだ時の条件を参考にしてください。

 

  1. 1000mgの内500mg以上を摂取できるもの
  2. 魚臭くない
  3. 抗酸化のDHAとEPA
  4. 安全な材料と製造(GMP取得工場)
  5. 返金保証

 

私に効果があったからといって、あなたにもあるとは限らないのがサプリ。

 

そのため、返金保証のあるものを選んだほうが良いです。

 

DHAとEPAは酸化すると効果がかなり落ちるので、酸化を防いでいるものを選んでください。

 

 

 

きなり

この条件に合う「きなり」というDHAとEPAサプリを使いました。

 

サプリは摂ってみるまで効果がわからないし、安くはないので正直にいうと注文をためらったんです。

 

定期購入は安く購入できても、何ヶ月の間、定期購入を解除できない期間なのか確認しておくことが重要です。

 

 

 

「きなり」の場合には、定期購入で1回目を安く購入したあと直ぐに解約ができると分かりました。

 

「きなり」の2回めが来る前にメールや電話で解約ができるので、

 

自分には合わないと思った時に止めることができるので安心です。

 

 

 

こういったことは、効果がまだ分からないサプリを購入する場合には大切なことです。

 

利用者にとって利用しやすい条件だったので、最後は返金保証が背中を押してくれました。

 

 

きなりを摂ってみての感想

 

きなり

食事で好きなだけ食べて肥満状態だった私。

 

「きなり」を飲み始めてからは、食事の方法を大きく変えてみました。

 

朝は食べずに消化器官を休めて排泄だけの時間帯にしました。

 

 

 

送られてきた「きなり」を1日4粒。朝と夜それぞれ2粒づつ摂ります。

 

食べるのは玄米と青汁、豆腐、、少量の肉それに「きなり」を中心の食生活です。

 

「きなり」は全く魚の臭いがしないカプセルなので、飲みやすいですね。

 

 

 

黄金色のカプセルを少し噛むと、魚の香りが口に拡がります。

 

私には少しも嫌な味では無いのですが、魚の嫌いな人は噛まずに飲み込むようにしてくださいね。

 

 

中性脂肪が高いコレステロール低い

 

これで3ヶ月で160センチ70kgあった体重が60kgにまで落ち、中性脂肪が正常な値にまで減ったのです。

 

「きなり」に限らず、サプリにどれだけ効果があったのかは良くはわからないものです。

 

でもDHAとEPAをしっかり摂取していることが、動脈硬化の進行を止めているのは間違いないです。

 

 

 

知らない間に進行する動脈硬化、それに伴う高血圧などの問題の改善、それは、症状を抑えるだけの薬ではできないんです。

 

最初から薬だけに頼りすぎて副作用に苦しんだりしては、元も子もありません。

 

食事を工夫し運動をとり入れ、「きなり」を摂ることで取り戻した健康。

 

 

 

今では高血圧も正常の値にもどり、強い手応えを感じています。

 

毎朝の目覚めがとても良くなり、本当に幸せな気持ちです。

 

DHA・EPAを補う「きなり」の詳細はこちらから